MENU

ヤミ金は、元々法律で認められていない非合法の貸金業者のことを意味します。ヤミ金は様々な名称で昔から語られてきていますが、近年ではサラ金という名称でも呼ばれてきました。

 

そもそも、なぜこのようなヤミ金業者が暗躍するようになったのでしょうか。これは、日本国内の銀行の程度にも問題があったと考えられています。日本国内では、一般的に消費者に対してお金を貸す機関というのは銀行グループしかなく少額でお金を借りることが出来る合法的な業者がなかったという歴史があります。銀行は昔から多額の金銭を貸してそこに利息を設定して利益を得ていましたので、消費者に対して少額融資を提供して利息を設定するなどという面倒なことはほとんどしていなかったのです。

 

そのため、サラリーマンのような一般人はなかなかお金を借りることが出来ず、サラリーマンの一般人でも気軽にお金を借りることが出来る業者としてサラ金業者というものが現れたのです。

 

しかし、こうしたいわゆるヤミ金に分類されるサラ金業者というのは非合法な利息で相手からお金の返還を求めていましたので当然ながら大きな問題になりました。利息だけで月々の返済が辛くなってしまうことも頻繁にあったので、こうした業者が活躍できないように様々な法改正が進められてきたのです。

 

元々合法的な業者ではないので、こうした業者でお金を借りると借りた方も問題を問われることになりますので借りてしまうことの意味をしっかりと考えなくてはいけません。